カレンダー 
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
<< 2017年08月 >>
 最近の記事 
 月別の記事 
 QRコード 

ホームページのURL

野球大会  陸上記録会  Facebook開始
朝一で盆野球の開会式です。
盆といっても、12日が土曜なので今日から開会です。したがって体協の役員の方もお盆は盆休みということになりますね。お世話役ご苦労様です。


今日は、陸上記録会もありお昼前から準備に出かけました。
短距離記録会→長距離記録会と夕方まで続きました。


写真判定装置の調子が悪くメーカーに点検をしてもらいました。
点検と、もしもの場合に備えメーカーの予備器でも判定、日本選手権なみ?の体制で臨みました。



写真判定装置も導入後十数たっているので不具合も生じます。
今年はグランドの整備で1億数千万円の予算をつけてもらいましたが、今後機械装置の更新の要望をしていかないと各種大会運営ができなくなる危惧を持っています。

フェースブックを始めました。スマホから発信でき、写真も手軽にアップできるので便利です。したがってブログが疎遠になっています。

| - |
視察
教育民生常任委員会で31日から2日まで長崎、佐賀に視察調査に行ってきました。
31日
佐賀県大町町で小中一貫校「大町ひじり学園」を視察




私の出身の海潮地区も小中一貫教育を目指していろいろ試行中です。この学園は校舎も平成25年に一貫校として新築されており条件は違いますが参考となりました。

1日
長崎市で永井隆記念館を視察。
再来年、雲南市の永井隆記念館も改築予定のためです。



<館長の永井徳三郎さんから説明を受け、展示状況を視察。年間15万人が訪れるとのこと。>
原爆資料館も見学

午後、同県佐々町に移動。地域包括ケアシステムの先進的事例を視察。コンパクトな町なので雲南市と条件は大きく違いますが、地域のリーダー、ボランティアなど地域の力をどう醸成するかとの課題は同じ。

2日
ほぼ帰路。福岡県糸島市の産直市場「伊都采彩」に寄りました。



(日本で一番大きな産直市のようです。糸島産の生産物にこだわった運営です。多くの品揃え、しかも安い。農業、漁業、畜産など豊な生産力があるからできることです。

| - |
今朝は干し草プロジェクト。





<草刈りした草は、焼いたり、腐らしたりですが、畜産農家へ干し草にし提供するプロジェクトを試行中。→グループ化。
今年2回目の成果品を牛さんへ。>

午後、山王寺の「てんばの森」で会議、研修会、バーベキュー。






| - |
神楽

<朝、昨日刈った草のくよし。「くよし」は出雲弁で「焼く」を意味しますが、私の感覚では草を一気に焼くのではなく、乾いていない草を蒸し焼きにする感じではないかと思います。>

午後、神楽のお手伝い。
寝台列車「瑞風」の観光地である須賀の神楽の宿。
山王寺和野社中の当番。
急きょ手伝うことになり、無事終了。


| - |
教民委員会 市政懇談会
教育民生常任委員会に出席しました。
28年度事業の施策評価の説明を受けました。
人口の社会増を目指す雲南市。
細かな施策が行われていますが、人口減少は止まらない実情です。

夜は市政懇談会。
防災対策など建設的な意見が出されました。


| - |
草刈りSunday
午前、和歌発祥の地と言われる八雲山の草刈り。
今年も、地元以外からの参加者も多くはかどりました。

きれいになった八雲山、眺めも宍道湖から中海に、さらに三瓶山と最高ですので登ってみてください。
引坂方面からは林道が麓まで来ていますので15分も歩けば山頂です。

<山頂から。この写真は昨年撮影>

午後もわが家で草刈り。草刈りSundayでした。



<夕暮れ時>

| - |
議員研修会 梅雨明け
県内8市の議員による研修会が大田市で開催されました。
講師はコマツ相談役の坂根正弘氏。演題は「日本の課題と地方創生」



<帰路、キララたぎで休憩。海水浴を楽しむ人もありました。夏です>

<わが家の葵もてっぺんまで花が来て梅雨明けを告げています。>

<わが家からの夕景>

 <帰宅後、草刈りとくよし。>

| - |
変えるな憲法総がかり集会
孫達は水遊び


松江市で変えるな憲法! 島根総がかり行動実行委員会による集会が開催されました。






400名が参加、集会とデモ行進を行いました。
国民や野党の批判に耳を傾け議論でこたえるのではなく、言いくるめる、白を切る、言い逃れる、言いとおす、そして最後には批判する相手を非難する→民主主義の前提の否定=独裁的な政治(今日の講演から)・・・安倍政権の支持率の低下はこうしたことに国民がいよいよ気づきノーを出し始めたということでしょうか。

| - |